いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
シュタインズゲート その3
フェイリス、ルカ、まゆりエンドを見ました。
あとは紅莉栖とトゥルーのみなので、ここらがキリが良さそうです。

チャプター6までは下地を作っている期間で、長く退屈と感じる場面もありましたが
その下地があるからこそ、こうやって怒涛のエンディングラッシュを
長く楽しめるのだなー。

クドイくらいの世界観の説明、キャラの設定付けをやってきたおかげで
チャプター6以降は、物語に集中して楽しめてます。
エンディングの好き嫌いは出そうですが、基本的にはどれも良い出来だと思いました。

個人的には、フェイリスエンドが一番切なさが出ていて好きなエンディングです。
あとは、鈴羽エンドも好きかなー。

ちなみに、ここまでだと物語としての意外性はそんなにありません。
あー…やっぱりね…という展開が多いです。
まぁ、登場人物が少ないから、これは仕方ないことですが…。


それから、ここまでで疑問点が3つ。一応伏せておきますか。


1、
フェイリスエンドでのダイバージェンスメーターの変な値はなんでしょう?
これは後から説明されるのかな?
このエンドは父親が生存しつつも、秋葉原の街並みが変わっていない事についての矛盾も
説明がなかったので、スルーされるかな?

2、
SERNのデータベースからメールデータを消すと、何故世界線が変わるのか?
バレる前に消すっていうなら、わかるんだけど
消した時点だと、もうとっくにバレてるって事になってるんじゃなかったっけ?

3、
最初の世界線(紅莉栖が死んだよメールを送る前)からタイムマシン来てるけど…?
最初の世界線だと、まゆりは死なないけど、将来的にディストピアは起こるよー的な?
あるいはタイムマシンには別の目的で別の人間が乗ってきたとか?
ここはさすがにスルーされないだろうから、トゥルー辺りで明かされそうですね。


トゥルーエンドが楽しみで仕方ない。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.