いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
真 流行り神 その2
最初のブラインドマン編をクリアすると解放される3ルートをクリアしました。
旧シリーズのように1話毎に話を進めるのではなく
選ぶ選択肢によって、全く別のルートに変化する「かまいたちの夜」方式のようですね。

そういえば、「かまいたちの夜」も「真」が発売されましたが
今回シナリオツリーを作ったり、ルートによって登場人物の立ち位置を変えたり
システムを似せてきているのは何か関連あるのかな?単なる参考でしょうかね。

ちなみに新たな3ルートも特に難しい所はないかと。
Sランクも攻略サイトなどを頼らずとも、案外すんなり取れちゃいますね。


<悪霊編>
真相が呪いそのものだったのは残念でしたが
死のルールはちょっと捻った感じになっていて面白かったかと。
FOAFを絡ませてくるのも、しっかり「流行り神」してたので良かったです。

<生け贄編>
Z指定の要因は「犯罪表現」という事でしたが、これが該当のシナリオかな?
たしかに、スナッフビデオ撮影の犯罪を描いた作品は珍しいかも…。
実は…という感じで遥さんの扱いは上手でしたね。
彼女の真相については、おそらく隙間録で見れるんでしょう。

<パンデミック編>
まさかのゾンビパニック系のシナリオで、もはや本編の面影は全くないですw
極限状態で徐々に倫理観が崩れていく様子なども描かれていますが
関本がやたら説教くさいのが、ちょっと嫌だったかなー。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.