いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- 第5話 語られない物語の冒險
やはり6話はないようで、この5話が最後になっていました。
5話単独で見れば、特に不満はなく実に逆転裁判らしい展開で
終盤の逆転劇などもありましたが、最後にしてはあまりにも普通。

奇をてらった内容にしろというわけではありません。
逆転裁判の最終話では、作品全体としての事件の繋がりまでも解き明かし
真の黒幕に迫るような展開を期待してしまうものです。
一応、最終的にはどの事件にも繋がりがあるような事を示唆されましたが
本作で詳細は明らかにされず、次回作へ持ち越しとなってしまったので
なんとも不完全燃焼です…。

最近、その他の作品でも増えてきたのですが、特に明記しているわけでもないのに
プレイしてみたら序章作品だったという事があります。
メタルギアシリーズのような映画的お約束の続編示唆は良いと思うんですが
ここまでハッキリと前編の位置付けをされると、クリア時にガッカリ感が半端ないですわ。

本作で描きたかったのは逆転裁判の世界観におけるホームズの活躍だった気もしますね。
その割を食ったのかはわかりませんが、寿沙都さんの活躍が薄かったかな。
探偵パートではもちろんの事、法廷パートでも存在感がなかったです。
普通の助手として活躍を描けないのであれば、今まで通り素直に
彼女にも何らかの特殊能力を付ければ良かったんじゃないかなーって思います。

まぁ、ともかく実質続編が確定したようなものなので、続編には期待してます。
ホームズもアイリスも、そして寿沙都さんも、キャラはみんな好きなので
このキャストでの逆転裁判は楽しみですからね。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.