いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜 その2
今作の目的が本に魂を宿しているプラフタの記憶を取り戻すという
非常にこじんまりとした内容なので、ストーリーの進行度が分かりにくいですが
プラフタの魂を人形に移すところまでは進みました。

錬金レシピを本に書き込むことが、記憶の復元と直結しているのですが
冒険や探索はストーリーと直結しないので錬金よりのゲームみたいですね。
システム的にも、錬金は考える要素が多くて面白いですが
冒険については採取地でのイベントが皆無で、全くワクワクしません。
今のところボス戦すらないので、採取や戦闘がちょっと退屈ですね。

そして前作同様、期限というものを気にする必要がないうえに
発生するイベントも日常の中での事なので、非常にマッタリとしてます。
やる事がなくならないように密度が濃いので飽きる事はないのですが
個人的には期限に追われている時のアトリエの方が好きです。

まぁ、たまには最初から最後まで平和なだけのアトリエも良いかもしれないけど。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.