いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
死印
Vitaのホラーノベルゲー…のつもりで買ったんですが
選択肢を選びながら読み進めていくタイプのゲームではなく
マップ移動しながら探索していくタイプのゲームでした。
少しでもゲーム性があった方が楽しいので、これは嬉しい誤算。

とりあえず一章の花彦くんを終わらせましたが
正しい選択肢を選ばないと攻略出来ないデッドリーチェイスでは
探索で集めた資料や会話シーンからヒントを得て攻略するのが楽しい。
最初だからか、そのまんまの捻りのないヒントも多かったですが
チュートリアルと考えれば悪くない構成。
制限時間の要素は別にいらないんじゃないかなーと思ったけど…。

ボス戦でも今まで得た情報から適切な行動を選択するのは変わらず。
間違えると簡単にゲームオーバーなので、ちゃんと考えないとダメですね。

一章はマップも単純で行動も誘導されている感じがあり簡単でしたが
二章以降はどうなってくるのか、楽しみです。

花彦くんのストーリー自体も悪くなかったので
お話も期待出来そうかな?

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.