FC2ブログ
いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
幻想水滸伝V 11日目
幻想水滸伝5 11日目

本拠地を手に入れたところからですね。

まず本拠地の名前を決めます。名前を決めるのは苦手なのでサイアリーズの意見を採用!
って、ぐはっ、リオンにダメって言われた、なんでよ~。
アーツシーイン城にしました・・・。理由はあるんですがナイショです。
ツヴァイクとローレライが黎明の紋章の刻印がある部屋を見つけたというので
王子と見に行きます。そこで見たものは夢だったのか幻だったのか。
また、いつもの謎の女もいつの間にかその部屋にいました。
王子のことを多少なりとも認めたようで、名前を名乗り仲間に。名前はゼラセ。
ただ、得たいの知れない人物であることには変わりないですね。
また、ツヴァイクとローレライもこの遺跡を調べたいらしく、留まることに。

まず、復興したロードレイクの様子を見にいきます。
水を取り戻したことにより、ロードレイクの民の信頼も取り戻し
タルゲイユ、トーマ、ゲッシュ、シルヴァが仲間に。
この後、リオンの提案でビーバーロッジのフワラフワルに会いに行くことに。

寄り道~。
本拠地で船着場の修理をしていたビーバー族のムルーンを勧誘し仲間に。
また、以前監獄から逃がしたキリィが本拠地へやってきていましたが
この人全くわかりません・・・、黎明の紋章の刻印のある部屋を見せると去っていきました。

ラフトフリートで、ランの知り合いのスバルと出会う。
スバルはランが王子の軍にいるのが羨ましいらしい様子だが、釣りで勝ったら
仲間になってやるとか・・・素直じゃないお子さんだ。
ミニゲームで釣り勝負ですが、簡単なので負けることはないかと・・・。
また、宿屋でヴィルヘルムとミューラーを勧誘し仲間に

ハウド村のバシュダンに鑑定前の絵を持っていくと、イワノフの絵だ!とか言いながら
よくわからん理由で仲間に・・。

ドワーフキャンプで、空気穴を作ってるドワーフのズンダがマドを見てみたいというので
マドを見せにルナスの斎主の館へ。マドを見ると空気穴作りの参考になったようです。
で仲間に。

ヤシュナ村にベルクートとマリノがいました。
ソルファレナでの一件以来、ストームフィストではゴドウィン派の人々が多く
ゴドウィンがどういう人物か知っているマリノにとって
居心地が悪い街となってしまったそうです。
宿屋の主人の理解を得てヤシュナ村へと来ていたみたいです。
ただ、働き口がなかなか見つからないらしく、誘うと二人とも仲間に。

三色温泉亭2Fで見るからの怪しい謎の男に、半ば強引に占いをさせられる。
占えば占うほどひどい運勢・・・と称してましたが、本当だな・・・
で、この本を持ってれば運が好転すると、怪しげな本を渡されました。
いつも手元に持ってればいいんだって・・・怪しすぎ、てかあなた占い師じゃナイヨネ?
ずっと持ってろって言われましたが、さっそく倉庫に預けます。
少したって倉庫に行くと、預けた本が夜になると怪しく光って不気味だからと返されます。
なにやら怪しいので貰った人に返しに行きます。
怪しげな占い師がいなかったので、温泉亭の人に預けました。
エストライズで前にレインウォールでも会った、怪しい書物を探しているアズラッドと再会。
例の怪しい本のことを話すと同行、断罪の書って言うらしいですね。
一緒にヤシュナ村温泉亭2Fへ行くと、断罪の書と戦闘に!
倒すと断罪の封印球が手に入りました。
また、怪しい占い師の正体はユーラム、悔しいからこの本で仕返ししようと思ったのだとか。
この一件をきっかけにアズラッドが仲間に。

エストライズでリンファという美女とカード勝負します。
なんか、カモねっ!とかって聞こえたような気がしますが、聞こえなかったことにします。
うぅ、明らかにイカサマやられてる・・・負けたらいなくなってしまった。

ビーバーロッジ南東の滝つぼにて。
奥でリンドブルム傭兵旅団のリヒャルトと出会う。
闘神祭に出たが負けたのでミューラーに言われて修行してるのだとか、
で仲間になってくれませんでした。
ミューラーに話すと連れ帰ってくれと言われるので、再度滝つぼで勧誘し、仲間に。
さらに、奥でカメのゲンオウと出会う。年寄りの話を聞いて欲しいのだとか。
年寄りを大事にしてくれそうってことで仲間に。

ビーバーロッジでフワラフワルを勧誘するが、
ビーバー族は戦いに向いてないとのことで断られる。

本拠地の軍議の間。
ゲオルグから報告でバロウズについていた時に協力してくれた
ダインやラウルベル卿を始めとするセーブルの兵は
バロウズの一件やアーメス侵攻があったことから
セーブルの守りを優先したいらしく、こちらにはこれない様子。
そこでラウルベル卿とは旧知の仲だというボズが説得に行くことに。

本拠地の外に出ると新聞記者のテイラーという人物が王子に取材に来てました。
レルカーの街の顔役から使いも頼まれているのだとか
話によるとワシールという人物からレルカーを保護して欲しいとの要請です。
レルカーの領主はゴドウィン派のデビアス卿というらしいですが、王子の快進撃にびびって
逃げ出したとかなんとか・・・。
とりあえずレルカーの生まれだというカイルと共にレルカーへ行ってみることに。

ログに頼んで船でレルカーへ。
ワシールがお出迎え、とりあえずワシールの屋敷に行きます。
途中、ゴドウィン派と王子派でケンカしてる人たちがいました。
若干殺伐としてるみたいです。
デビアス卿がいなくなってからは、ゴドウィン派が中心ということもなくなり
各派閥ごとの対立が表面化しているようです。
屋敷で会話しているとオロクの人狩りが東の中洲を襲ったという知らせが入り
様子を見に行きます。
人狩りっていうのは強制的な徴兵のことみたいですね。
オロクのところへ文句を言いに行くという人々に対し、ヴォリガという人が一人で行くと
名乗りでます。カイルの知り合いらしく、自分達に任せてくれるように説得してくれました。

志願者としてオロクの屋敷に潜り込みますが、カイルの面を知っている人がいたため
ばれて戦闘に。強行突破しますが、オロクに見つかると用心棒のニケアをけしかけれます。
ニケアによって王子だということが暴露されると、何故かオロク、ニケア共に去っていきました。

オロクはザハークとつながっていたようです。
王子が来ている事を隠そうとしますが、ザハークにばれてしまいレルカーに
王子に内通する反乱分子がいるとされ、レルカー全体の制圧に入ります。
強制徴収も、ザハークに言われてのことだったみたいですね。
彼もレルカーを守る一心だったのだと思います。

当然王子もレルカーを守る考えですので、ここで戦争「レルカー会戦」です。
適当にやって勝利すると、街に火をつけて逃げていきました・・・。
街の人を助けにいきます。救出後、オロクとも和解し、オロク、ワシール、ヴォリガが仲間に。
レルカーは王子に協力してくれるそうです。
また、防具屋のモンセンが店が焼けてしまい商売ができなくなったというので
本拠地で店を出さないか誘ったところ仲間に。

一旦本拠地へ戻ります。
ルクレティアによると、セーブルの近くで王子を名乗る山賊が荒しをしているらしい。
セーブルにいる、ダインやボズもその偽者のことは王子に見えるようです。
そんなに似てるんですかね?ということで誤解を解きにセーブルへ向かいます。

寄り道寄り道。

本拠地の宿屋、封印の間、ゲオルグの部屋の取材をテイラーに許可すると
隠し事をしない王子に共感し、報道者という立場ながら王子の仲間に。

エストライズでニケアと再会。
サシでやって勝ったら仲間になってくれるそうで。
パッパと倒して仲間になってもらいました。

ヤシュナ村でリンファから以前イカサマで取られた2000ポッチを返してもらう。
しかしまだ仲間にはなってくれず。

レルカーでムラードを勧誘、三度目の正直で仲間に。
紋章屋でジーンを勧誘すると、
レインウォールの北西の大穴に取りに行きたいものがあるらしいので手伝います。
最奥で何か手にしたようですが・・・詮索はしないでおこう
手伝ったってことで仲間になってくれました。

では、セーブルに向かうとします。
セーブル西の関所で、逆に山賊に間違えられ戦闘に。こっちが本物なのん!
ダインとボズの乱入でなんとか誤解を解いてもらいましたが、相当似てるようです。

セーブルで、領主のソリス・ラウルベル卿と面会します。
山賊は乱稜山にいるらしいので、向かうことに。

今日はここまでっ!次回山賊の面を拝むのが楽しみだ。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.