いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
永遠のアセリア -The Spirit of Eternity Sword- その2
実質、ここからが本編。


第Ⅰ章 有限世界の妖精たち

とりあえず、ビックリするのが造語である聖ヨト語ですね。
最初にこのわけわからん言葉を聞いた時は
どうせすぐに日本語を喋るようになるんだろうと思ってましたが
結局Ⅰ章はずっとヨト語でした。
フルボイスで、結構セリフ量も多いので
言葉を考えるのも、声優さんが喋るのも大変だったろうなぁ。

序盤にこのヨト語を勉強するシナリオが結構長く盛り込まれているところから
本気で考えたんだろうってことは伝わってきます。
ちゃんと、助詞とか接続詞とか、品詞もしっかり設定されてるようですし。

ただ、なんだろ…雰囲気が出るので、一長一短なんですが
やっぱり日本語で喋ってくれた方が、いいなぁ。
選択出来ればベストでした。
てか、日本語訳が表示されない場面とか、翻訳するのキツイヨ。

ちなみに肝心のSLG部分ですが
チュートリアルのはずの、一戦目から結構難しいんですが…。
いきなり連戦、連続マップですし。
あまり、適当にプレイしてると、今後きつそうだわ。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.