いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
428 封鎖された渋谷で 虹の栞
タイトルの通り、虹の栞に出来ましたー。
とりあえず一つずついきましょうか。


スペシャルエピソード
本編に出てきた脇役達にスポットをあてた短編集ですが
正直、あってもなくてもいいような設定です。
何かしらの伏線が回収されるようなこともないので
その話単体で楽しめるのは良いかと。
しかし笹山さんのシナリオがないのは納得がいかない


カナン編
脇役の一人ですが、スペシャルエピソードとは別枠です。
明らかに扱いが違いますねー。
アニメ絵に音付きというのが特徴。
何もかもが428の世界観と合ってはいないが
カナン編のみで見れば、そう悪くはないです。
奈須さんのテキストに免疫があるので、すんなり入れたのも大きいかも。


鈴音編
カナンと同様、本編中では脇役ですが、スペシャルエピソードとは別枠です。
こちらは、かまいたちの夜でもお馴染みの我孫子さんのテキストなので
サウンドノベルをよくプレイする人程、安心して読めたのではないかと。
彼の王道物は読んだことがなかったので、新鮮さもありました。


エコ吉編
本編の脇役…なのだろうか?
こういうのもあっていいんですが、コメディなのかシリアスなのか、中途半端なような。
まぁ、コメディキャラがシリアスストーリーを演じているので、そう感じるのでしょうけども。
ちなみにこれをクリアした後のスタッフロールと共に映し出される
メイキング映像がめちゃくちゃイイですね。


陰謀編
伏せておいたほうがいいね。


たぶん、もうないよね?

しかし、クリア後のエピソードはどれもこれも本編のようなザッピングは皆無なので
単なる電子ノベルになってしまっているのが残念でならないです。
本当におまけとして少し入っているだけならそれでもいいですが
見ての通り、結構ボリュームありますし
428はゲームであるということを、もっと意識して欲しかったです。

ところでピンクの栞どこですか?

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.