いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く PHASE2
今作では過去作以上に豪華な歌姫(歌手)陣が参加されていますが
このPHASE2の最初のムービーで流れる「風標」は
ジブリ作品等でも有名な井上あずみさんがボーカルを担当しており
豪華さを象徴していると思いますね~。

ストーリーは「承」に入った(と思われる)ところなので
まだ中盤ですが、既に前作・前々作のキャラ達も登場し
最終作として完結の為の準備が着々と進んでいる感じがします。
個人的にはココナがサブキャラではなくて
メインキャラ扱いなのが嬉しいですな~。
ハートポイントはフィンネル2、サキ1で進めるつもりです。

システム面は、やはり前作よりもパワーダウンしている感は否めません。
戦闘システムは、どうせならもっとアクション要素を大きくしても良かったかも。
レーヴァテイルを守るという要素は一番表現出来ているとは思いますが
ブローもボタン一発ですし、戦術もなにもないのであまりにも単調。
せめてアクション性が高ければ、楽しめたんですが。

調合ではサブキャラとの絡みがなくなった分
パーティメンバーとの絡みが増えたので、一長一短かな。
ヒロインのネーミングセンスを見るだけでも楽しいです。

コスモスフィアはシステム的には変わらないんですが
今までで一番ストーリーとの関係が希薄かなぁ。
内容に関しても、あまりヒロインの内面が描かれていないような。
誰もが抱えるような心の問題を解決したり
誰もが持っている心の汚い部分を容認したりするのがコスモスフィアだと思うんですが
ただのショートストーリー集みたいになってる気がします。

まぁ、今回は多重人格者という一つの大きなテーマがあるので
そこに焦点を置いているだけかもしれませんが。
そういえば、この容姿や声すら変わる多重人格設定のおかげで
多彩なキャラクターをストーリーに無理なく登場させることに成功していますね。
この辺のシステムと設定の融合加減はさすがだと思いました。

PHASE3へ続く。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.